彦太郎の書斎

1992年は、有効求人倍率が1%を下回り、13年に及ぶ就職氷河期の始まりの年でした。バブル崩壊からはじまる日本の景気低迷のさなか、社会経済学者、渡植彦太郎が逝去しました。明治・大正・昭和・平成の4つの時代を生きた思想家の没から、まもなく30年を迎えようとしています。彼が残した研究や思想は、今も、その書籍を通じて伺い知ることができますが、一方で、故人が収集してきた膨大な図書が整理されないまま残されています。当ページでは、彼の研究や思想の礎となった、これらの書籍を蔵の中から掘り出し、皆様にご紹介するとともに、その軌跡を辿っていければと考えています。

書籍:学問が民衆知をこわす

渡植彦太郎(1899-1992)は社会経済学者です。

著書に「仕事が暮らしをこわす」「使用価値の崩壊」「技術が労働をこわす」「機能の復権」「学問が民衆知をこわす」「科学の内省」「経済価値の社会学」があります。

以下は、作家・青山淳平「人、それぞれの本懐ー生き方の作法」より抜粋・参照したものです。

渡植彦太郎は、1899年(明治32年)、東京・日本橋小網町に生まれました。幼名は秀太郎で、父親の死後、初代彦太郎の名前を引き継いでいます。

父・彦太郎は東京・芝の町名主の次男で、もともとの姓は伊藤でした。

父は東京の紙問屋に見習奉公に入って実力をつけ、やがて「渡植」という紙問屋の株を買って独立し、日本橋に店を構えました。

しかし、父は彦太郎が幼少時に他界。彦太郎は東京商大(現一橋大学)を卒業後、京成帝大からはじまり、福井大学、富山大学、横浜市立大学、甲南大学など、大学で教鞭をとった・・・。

お問い合わせ

賀川自動車工業株式会社
〒624-0841 京都府舞鶴市字引土335

Tel.0773-75-2444

営業時間 08:30 - 17:30 

定休日:日曜日、祝日

夏季休暇、年末年始